成り行き注文ってなに?

トレンド(なりゆき)請求は、株を貰うときの基本的な請求方法で、「沢山いいから貰う」というように価格を決めずに請求行なう。

注文した時点で一番安い売り請求の価格で買えます。

トレンドは「とにかく即刻貰う!」

トレンド請求は価格を決めずに「沢山いいから貰う!」という請求ツボだ。値札を見ずに買い出しをするようでちょっと恐ろしいですよね。いかなるところトレンド請求を使えばいいかというと、「急いで買いたい状態」や「確実に買いたい状態」に取り扱うのがトレンド請求だ。

株価が急増したらトレンド

株の価格はときどき急上昇することがあります。例えば素晴らしい項目が発表されて株の価格が急増している時は、指値で請求を出しても、請求を出した時点ですでに自分の出した価格によって株価が値上がりしてしまって買いそこねる場合があります。

トレンド請求は価格を決めず沢山いいから貰う!という請求ツボなので、そんな急増日数など、確実に買いたい時折ムードで請求ください。トレンド請求ならそんな時にも買いそこねることはありません。

トレンド請求の恐怖は高額買い

トレンド請求は、価格を決めずに買ってしまうので、思わぬ高値で買って仕舞うリスクもあります。買い請求と売り請求の間に開きがある形態、たとえば今の株価が100円で、120円まで売りの請求がなかったとした形態、100円と120円の間にはかなりの開きがあります。

この時にムードで買いの請求を出してしまうと、120円で買ってしまう。指値の場合は、例えば101円くらいで請求を通しておけば、その価格以上で取引達することはないので、思わぬ高値で買ってしまうことはありません。こういう差はかなり大きいです。

トレンドって指値の違いといった使い分け

トレンド請求という指値請求の違いは価格を通していするか特定終わるかですが、こういう2つの請求ツボを上手く使い分けるため、高額をつかまない、買い逃さないなど、効率よく株のセールスができます。

普段は指値・急いで買う時はトレンド

まず今の株価によって安く下がるときに買いたいときは指値請求ですね。

即刻買いたいというときは指値注文で今の株価によって高めに請求を出してもトレンド注文でもともいいです。

「じゃあトレンド請求て要らなくない?」としてしまうが、「高くてもいいから急いで買いたい」状態、例えば必須買いたいタイミングで株価急増時や、引け(その日の協定止めひととき)間際で急いで貰う状態、会社でスマホでこっそり協定を通していて価格を入力していらっしゃるお忙しい状態など、急いで買いたいときにムードで注文を出すのがいいでしょう。

トレンドはちゃんと見て注文しないといった高く買って仕舞うリスクもあるので、門外漢のうちは通常は指値で請求を通して、急ぐ状態だけトレンド請求という趣向がよいでしょう。

トレンド請求は板を見て立ち向かう

ここまでの注記だと門外漢のかたはトレンド請求はこわい請求ツボだと思ってしまう。

ムードで注文する形態、高額をつかまず安全に請求を出したい場合は「板」をみて請求局面を確認しておけば大丈夫です。板は次のWEBで注記しますが、売りといった買いの請求状況がのぞけるのが板だ。板を見て請求局面を確認すればトレンド注文でもいくらで取引達するかだいたいわかります。

バイナリーオプションブログ

成り行き注文ってなに?