株っていくらからはじめられるの?

株の賭けを始めるのには、大枚が必要だと思われがちですが、そんなことはありません。少ない資金もできるんです。

株を貰うのに必要な元手は「現在の株価×その株の取り引き単位」だ。取り引き単位が1000株も株価が100円以下なら10万円以下で買うことができます。また株価が何千円も取り引き単位が1株なら今の株価と同じ金額があれば買うことができます。

例えば10万円以下で選べる株の総和や5万円以下で買える株の総和を以前に調べたことがありますが、けっこうたくさんありましたし、その中でも株主優待や配当金を出しておる品名もたくさんあります。

あまり酷い勘定で1株だけ買っても、よほど値上がり控えるかぎり大きな成果を打ち出すのはしんどいですが、ここではまとまった大きな資金がなくても株のビジネスを始めることは望めるについてだけちゃんとわかっておいてくださいね。

耳より株(単元未満株)という戦法もある

取り引き単位が100株や1000株という広い単元の株も、耳より株(株式耳より賭け)や単元未満株というサービスもあり、普通に必要な元手よりも少ない金額での賭けができます。

たとえば株価が500円、取り引き単位1000株の品名は、通常だと

500円×1000株=500,000円
普通は50万円なければ賭けができないのですが、耳より株ならその10分の1の賃金、5万円から賭けができてしまいます。

耳より株からさらに狭く1株単位で取り引きできるのが単元未満株で、証券会社によってワン株・S株・まめ株・ミニ株など、いくつかの名がありますが同じものです。

耳より株が雑取り引き単位の10分の1からのビジネスなのに関し、単元未満株では取り引き単位が1000株の品名も1株からビジネスができます。

単元未満株はマネックス証券(ワン株)、SBI証券 (S株等で取扱っています。

指標:耳より株や単元未満株が支払えるweb証券

賭けプライスが少なければ数少ないなりの賭けの作戦があるので、いきなり凄まじくはじめるのではなく、まずは少ない資金から始めてみて、慣れてきたら賭けのプライスを徐々に増やしていくというやり方もできます。

手間賃の短い要素や取り引き手間賃不要をうまく使う

資金が短いうちは手間賃が安くビジネスできたほうがいいでしょう。web証券は基本的に手間賃が安く、少額のビジネスならかなり安っぽい手間賃でビジネスができます。手間賃の照合を参考にweb証券を選んで下さい。

また、松井証券では10万円までは四六時中手間賃無料でビジネスができるのでこれもうまく活用するといった大きな手間賃の減額になります。

小額で株を取引する場合でもこういったサービスを利用すれば、小額ということを逆にメリットにして、手間賃を引かれずに株価が上がった当たりや配当給与などをそのまま成果にすることがでます。

バイナリーオプション

株っていくらからはじめられるの?