株はギャンブル?

よく、「株は危険です」とか「ギャンブルです」とかいう自分がいますが、実際どうなのです?

身が株をやっていると言うと、「え?ギャンブルなんてしそうにないのに」とかおっしゃることがたまにあります。

株は危うい代物、ギャンブルの一種という風情を有する自分がいまだにけっこういるようです。

しかしじつは、株がギャンブルなのではなく株でギャンブルをしている自分がいるだけです。

ギャンブルになるかどうかは相場の仕方次第です。株のしくみのWEBで細かく注記しますが、株は本来は、ショップにお金を投資をして統括の資産を提供するかわりに実利の一部を還元してもらうもので、株式相場は本来は投資やギャンブルではなく”相場”だ。

ではなぜ株がギャンブルと言われることがあるのかというと、株の対価は上がったり下がったりするので、株を貰う(譲る)講じる件次第でお金を儲けたり損したりすることがあります。

急に株価が上がったりすると「現時点買えば勝てるかも!」という焦って高値で買ってしまうことなどもあるため、ハートを規制できずにあまりよく考えもしないで取引をしてしまうと損をしてしまう予想は高くなります。

相場との向き合いほうが必要

株や相場はあくまで器機。用法、向き合いパーソンは自分次第です。

単なる投資にするか、自分の調教につなげるか、はたまたギャンブルにするかは自分次第。”自分がどう相場と向き合うか”だ。

「相場はギャンブル」という自分はそんな向き合い方をした自分(もしくはそんな人の話を聞いて信じ込んです自分)だ。

相場はお金儲けの器具という自分、キャピタル表現の器機という自分、ボクを成長させていただける代物という自分。

”どれが本当なのか”ではなく”あなたがどう扱うか”だ。

株で学んだことや相場に必要なキャパシティーや思考を株だけに取り扱うのではなく、抽象都度を上げて他の部門で融通したりすることもできるし、正に身は株式相場を通して各種ことを覚えました。

自分の考察のモデルやクセ、ハートが動くというどうなるかなど、ボクをわかることやボクをコントロールする発達としても役立ちます。

恐怖の大きいブランドには忠告

3000以外居残る株のブランドの中には乱高下が激しいハイリスク・ハイリターンなブランドもあり、「短期間で大もうけ決める」と意欲を出すとそういうブランドに大枚を投じてギャンブルものの取引をしてしまうこともあります。

株でシロウトが大損するモデルはコイツですね。まだ慣れていないシロウトのうちに「大もうけしてやる!」といった恐怖の厳しいブランドを大量に買って仕舞う。RPGマッチで階級1なのにいきなり上司人柄を壊しにいくようなものです。これはやめましょう。

何も知らずに買った株が大きな利益を出したりすると、お金を儲けた結果株にはまっていって、ろくにわかりもしないショップの株を買って損をしてしまうというのがよくあるモデルですが、それでは完全にギャンブルだ。そうならないみたい、敢然と投資するショップを選んで始めましょうね。

目安:株式相場の恐怖はどのくらい高いのか?

リスクヘッジで堅実に実利を重ねる

株の相場は高騰すれば大きな利益を得られますが、暴落すれば減ってしまうので、値下がりする先のない預金に比べると、リスクが高いことは事実です。しかし、今の金利では銀行にいくらお金を預けておいてもほとんど増えることはありません。多少の恐怖を背負うことができなければお金を賢く運用して繰り返すことはできません。

恐怖といっても、株で全財産を失うようなことはよほどのプロセスをしない限りありえません。投資したショップが破産も控えるかぎり、多少の暴落はあってもゼロになることはありえないからです。株を買った後も自分が株を持っているショップの書籍や株価にしっかり注意を払っていれば、もし倒産するような事態になってもその前に売ってしまうこともできます。

自分のリミットうちの恐怖で取引することが大事

株はグループや会社によって、乱高下のめざましいハイリスク・ハイリターンな株(大きな実利が見込めるがリスクも厳しい株)や、乱高下の強くないローリスク・ローリターンな株(大もうけはできないけど大損もしない株)があります。

また、1つの株に資産を集中するのではなく、いくつもの株に資産を管理して投資する管理相場をすれば、投資したショップが全員倒産するなんていう比は相当ちっちゃいので、ここでも恐怖を低く抑えることもできます。

自分のリミットを超えた恐怖をとると、安心な事柄ができなくなるものです。
落ち着いて投資をすることができなければ、なかなか勝率を高めることはできません。

自分の相場階級や恐怖許容度に合わせて投資するショップを決め、買ったあとはほったらかしではなく株価や書籍の見張りをかかさずにいれば、相場の数字も良くなっていきます。たとえ損をすることになったとしてもクリティカルな負債にはならずにすみます。

自分の恐怖リミットがわからないシロウトのパーソンは「これくらいなら損しても割り切れるかな」という料金を目安にしてください。

目安:自分の恐怖許容都度を解る

「大もうけして引き上げるぞ!」って自分の限界にほど近い大きな資産で取引するタイミングと「まずは実績を」という少ない資金でセドリをしているタイミングでは心の剰余が全然違ってきます。

資金が小さければ大もうけはできませんが、「ああ、こうやったらいいんだ」という”心の余裕を持った相場実績”は後々の大もうけに変わる相場感情の土台に繋がる。意欲を持ってシロウトのうちからいきなり大もうけしようと思ってはダメですよ。

本来は「相場」でギャンブルではない

株は本来は相場だ。ショップの収支が美しく、調教が見込めて、株主に関するアドバイスも好ましいショップを見つけて株を貰うものです。ショップが成長するにつれて株価ものぼり、利益が出るというのが本来の相場だ。調教が見込めるショップの株を買えば実利を出せるものなんです。

しかし、全く知らないショップの株を買って、もしそのショップの収支が悪かったり、悪い書籍があったりすると株価は下がって損をしてしまう。株価はショップの収支や書籍などによって、上がったり下がったりやるものなのです。

株価が高まる拠り所もわからないのに、他人から「あのショップの株あがるかもよ」と言われて株を買ったり、なんとなくここがのぼりみたいといった勘だけで知らないショップにお金を投資するというプロセスをすればそれはギャンブルでしかありません。

自分が普通使っているお気に入りの品のショップなど、調教の狙えるショップに投資をするというやり方であれば、ギャンブルはまた違ってくるでしょう。たとえ危惧が逸れて多少損をすることがあったとしても、何が間違っていたのかがわかれば悪行を次の相場に活かして、勝率をあげて行くことができます。

株をやっていると、どんなショップが成長していくのか、どんなことをすれば株価が高まるのかなどがわかるようになります。将来自分でショップを起こすことになったタイミング、株で培った睿智や実績は非常に役立つかもしれませんね。

バイナリーオプションコツ

株はギャンブル?