株をやるなら経済用語は勉強しよう

環境言語って難しそうですが、じつはそんなことないんです。 自分の趣味とかうり野原を思い出してください。

ネット発明、生け花、メニュー、麻雀、将棋、サッカー、何でもいいんですが、あたしは趣味だから当然知っているけど、それをやったことのない奴にとってはわからない個々事態語っているでしょ?たとえばHTML、花合羽、アクセサリー包丁、ポン、10枚落、オフサイドなど。。。

「興味ない奴は全然知らない言い回しだけど、趣味としてやる奴なら知ってて前提」みたいな言い回しってありますよね。

環境言語もそれと同じで、環境言語が難しいと感じてるあなたは今、あたしと関係のない環境のことに全然興味がないだけなんです。

しかし、株を始めるって環境言語は”自分に関係のある言語”になってきます。そうすると自然に興味を持って意外と簡単に憶えられてしまいます。関心さえあれば意外とわかりやすいものですよ。

環境言語は覚えなくても嬉しい

なんで環境言語はあんなにむずかしいのか?学生のときを思い出して下さい。興味ない詳細って滅茶苦茶辛く感じたけど、好きな詳細はそれほど苦労もせずに簡単に色々憶えられたでしょ。

だったら環境のことに関心をもてば環境言語は簡単に憶えられます。むしろ覚えようとしなくても自然に覚えてしまう。 まずは株を通して見ることです。やってみて関心をもてないなら、いくらわかりやすい説明も得るのは難しいです。関心をもてれば環境言語なんて覚えようってしなくても自然に頭に入ってしまう。

経費をかけずに株を始める

まずは株を通してみようといいましたが、株は経費を投資する手法なので、リスクもあります。何もわからないうちからやる目論見にもいかないですよね。でも現に株を買わなくてもいいんです。まず最初は自分が好きな(知ってる)社を見つけて、現に株を貰うのではなく、株を買ったつもりでしばらく株価の乱高下を見てください。

ネットを使ってPCの前方で現況の株価をみていてもいいし、商いから帰ったあとでその日の株価をチェックするだけでもいいです。自分が投資した(つもりの)社の株は上がったか、いかなる乱高下をしたかを見てください。ホームページ証券に財布を持っていれば現況の株価も株価図式もタダで見ることができます。ホームページ証券なら財布配置も財布調達費もかかりません。

賭けをしたつもりでしばらく株価を観ていると、「なんで今日は株価が上がったんだろう?」「こういう言い回しいかなる訳だろう?」というヒヤリングがでてしまう。なんでだろう?と思った案件の虎の巻って、全然興味ないことを教わるよりも全然簡単に憶えられませんか?ネットで株をするスタイル、知らない言い回しが出てきても調べでその場でアッという間に調べることができます。これもネットで株をする利益の一つ。

環境言語は沢山知っていたほうがもちろんリーズナブルかもしれませんが、環境言語などほとんど知らなくてもネットで株を通して売り上げるママやフリーターの投資家もある。賭けのやりかたによっては難しい理解なんて全くなくてもできるので、あせらず徐々に覚えていきましょう。

カードローン自己破産について

株をやるなら経済用語は勉強しよう