逆指値の自動売買は超便利

逆指値という購入ツボは、「株価が付属円まで上がったら注文を出す」という指標付で購入を出せるツボだ。

株の自動的業務などでは必須の購入方法で、株の契約日にち中に株価をチェックできない状況も、逆指値であらかじめ購入を出しておくことで、自分の対策どおりの業務をすることができる非常に便利な購入ツボだ。

逆指値は「いくら以上になったら貰う!」

逆指値は半人前のうちはしんどい感じがしますが、とても便利な購入方法で、一言で言ってしまえば「いくら以上になったら貰う」という指標つきの購入ツボだ。

あらかじめ注文を出す株価の指標を設定しておいて、株価がそのフィーになった時点で設定しておいた指値あるいは時流の購入を出します。

逆指値で購入を出した時点ではまだ買いの購入は出していません。指標を設定したフィーまで株価が上がった時点で、指値または時流の購入を出します。

逆指値購入はどういうときに使える?

逆指値購入を使う現状は例えば今の株価が97円で、100円に売り購入がたくさんいらっしゃるについて、100円を超えたら「買いの活況が力強い」って判断できるので、まだまだ株価が出る可能性が高くなります。

ここで逆指値購入を用い「101円以上になったら時流」とか、「101円以上になったら指値105円」といった購入を出しておけば、株価が100円を突破したときのみその株に買い注文を出すことが出来ます。もし101円以上にならなければ、購入はされません。

逆指値購入と指値購入の違い

逆指値購入と指値購入の違いは、指値購入が「いくらで貰う」という注文で、基本的には今の株価から安く買うための購入ツボなのに対して、逆指値は株価がいくら以上になった時点で買い注文を出すという購入だ。

この場合、通常の指値購入だと、100円以上で買い注文を出すって株価が100円を乗り越えなくても契約が成立してしまう。「100円を超えたら買いたい」については、100円を超えるまで株価をチェックし続けなければいけません。

株価は刻一刻と動いていますが、昼仕事のある第三者は株価を常にチェックしているわけにはいきません。昼休み、役目が終わって帰宅してから、お子さんが寝付いたご時世など、自分の時間に合わせてインターネットで逆指値の購入を出しておけば、常に株価のチェックをしていなくても自動的に業務をすることができるので、安心して役目や家族に集中することができます。

参考:逆指値購入の用法(フィルム付きで説明)

逆指値でリスクヘッジ

こういう逆指値は買い注文を出すときもそうですが、リスクヘッジにもとても役立ちます。

ロスカット(損切り)

株価は思わぬ情報で急に後ずさることもあります。もしその時に端末の前にいなければ「気づいたらものすごい値崩れしていた」なんてことにもなりかねません。

しかし、逆指値で売り購入を出しておけば、急激な下げがあった場合も、設定した値段下部まで株価が下がったら自動的に売りの注文を出すことができるので、何気無い激減に備えて常に逆指値でロスカット(損切り)の購入は出しておくことで、リスキーをある程度管理することができます。

また、逆指値購入は「仕事」の心機一転をしにくい半人前にもオススメです。株価が上達すれば「もっと昇るかも」といった欲が出て、下がれば「回復するかも」として仕舞うやり方。そうなると、「これ以上持っていると損失」というリミットさえ越してしまう。

損切り通り道をあらかじめ決めて逆指値購入を出しておけば、欲に振り回されることなく利益を確定したり、赤字を食い止めたりすることができます。

逆指値で日にちを引き下げ

株を始めるって、常に株価が気になるものですが、昼仕事のあるサラリーマンやOLなどは常に株価をチェックすることができません。女も家族や育児をおろそかにすることはできません。そんな時に逆指値は非常に役に立ちます。

「役目が終わって帰宅してから逆指値で翌日の購入を通しておく」、「逆指値の購入を生み出したら家族を通して買えるのを待つ」、「お子さんが寝ている間に逆指値で購入を出しておく」など、自分の空いた時間で株の対策を練り上げることができます。また、常に株価をチェックできるシチュエーションの第三者は、株を始めるといった契約日にちミドルは端末の前からはなれられなくなり気味ですが、逆指値を使うことで株価が動くのを「待つ」日にちを節約し、他のことに時間を使うことができます。

逆指値購入の払えるネット証券

逆指値購入は便利な購入ツボですが、全ての証券会社で助かるわけではありません。逆指値購入が使える証券団体は限られています。

逆指値購入が使える主なネット証券はマネックス証券、リアルタイムスター証券、SBI証券 、 楽天証券 、カブドットコム証券、松井証券、GMOプッシュ証券辺りだ。

参考:逆指値が払えるネット証券リスト(逆指値の手間賃調査あり)

以前は逆指値の助かる証券団体は他の証券団体に対して業務手間賃が割高だったのですが、今ではマネックス証券やSBI証券をはじめ、安っぽい手間賃で逆指値購入ができるネット証券も増えてきました。

マネックス証券の契約デモンストレーションでは、ポケット制定がまだの人間もまさに逆指値購入をする流れを見分けることもできます。

逆指値購入のからわかり易い用法は以下の逆指値の用法ホームページにおいてください。また、対策系に株契約をしたいかたは「ツイン指値」「リバース購入」「長続き購入」などのから高度な指標付購入も参考にしてください。

FXバイナリーオプション

逆指値の自動売買は超便利