気配値を読む

板は株の指値要求の要求境遇(雰囲気ナンバー・けはいね)を見るものです。買い気配(買い要求がいくらの金額で何株あるか)、売り雰囲気(売り要求がいくらの金額で何株あるのか)を見ることができます。

板(雰囲気ナンバー)を見て聞こえる実例

板や雰囲気ナンバーを見ることによって、現在の株価だけでなく、買いと売りの要求がどのくらいでているのかがわかります。

それによって、今は買いって売りというどちらが優勢なのかや、注文するとどのくらいの単価で取引できそうかの思惑もできます。

例えば結果要求をする際、板を見て現在の株価と同じか、1円上の金額に売り要求がでていれば、その金額でトレードが成立するので、結果要求を通しても思わぬ高値で買って仕舞うようなことはありません。

こういう状況では、10750円に売り要求が20600株出ており、10730円に買い要求が100株出ているので、ここで成行で買い要求を入れた際、10750円で買うことができます。

成行で売り要求を入れた際、10730円で売ることができますが、買い要求が100株しかないので、個々人より先に100株以上の売り要求が出てしまうって、10720円で売れてしまいます。

また、こういう板では10740円がありませんが、これは10740円には売りの要求も買いの要求も入っていないことを表します。

このように株では買い板という売り板の間が空くことがあり、これがちっちゃなズレであればいいのですが、まれに大きく解くことがあります。その時に板を見ずに結果要求をしてしまうと思わぬ高値で買ってしまったり講じる場合があるので、注文を出す際は板をしっかり確認しましょう。

板(雰囲気ナンバー)は「いくらで払えるか」の参考になる

板(雰囲気ナンバー)を確かめるため指値要求なら「いくらで要求を出しておけば貰えみたい」という予測を立てる参考になりますし、結果要求なら「今要求を出せばいくらで取引するだろう」という取引する単価の目安になります。

また、買いにどのくらいの注文が入っているか、売りにどのくらいの注文が入っているかが聞き取れる結果、今は買いの圧力が凄いのか売りの圧力が強いのか、買いと売りが拮抗しているのかなども見ることができます。

板(雰囲気ナンバー)の見かた~どこで見える?

板(雰囲気ナンバー)はホームページ証券のHPの要求画面などで見ることができます。株価イラストなどと変わり、板はホームページ証券のふところを持っていないと見ることができません。

証券店頭のHPやアプリケーションから入力すると、株価の照会画面や株の要求画面で見ることができます。(証券会社によって板が見れる部位は違いますが、基本的には要求画面か株価の照会画面で見ることができます)

注文を出すときはこういう板も見るようにください。

通常は変位10テキスト、フル板が見れるアプリもある

板が見れるのは通常は現在の株価から変位10テキストだ。

例えば現在の株価が100円なら、上に101円から110円までの売り要求の総計、下に100円から91円までの買い要求の総計が両方金額ごとに表示される、というフォームになります。

例えばマネックス証券のポータルサイトでの要求画面の板(雰囲気)はこのようになります。

マネックス証券のポータルサイトでの要求画面の板(雰囲気)

どの金額にどのくらい要求があるかがわかりますね。

また、岡三WEB証券の岡三かんたんオーダーのように板の収量バーが見れるアプリもあります。

板の収量バーは板の単価ごとに「どの単価でどのくらい取引したか(取扱が成立したか)」を表示してくれるもので、「こういう単価で買った人が多いのか」という参考になります。

岡三かんたんオーダーの要求画面の板はこのようになります。

岡三かんたんオーダーの画面・板の収量バーが見れるアプリ

板では「近年こういう単価でこれだけの要求がある」というのが見れて、左手の収量バーでは「こういう単価でこれだけ取引した(取扱が成立した)」というのがわかります。

また、板が見れるのは通常は変位10テキストですが、「フル板」といって全ての要求状況がのぞけるアプリなどもあります(目印:フル板が見れるホームページ証券店頭のアプリ)。基本的にフル板は機関顧客やデイトレーダーなどが見分けるもので半人前はフル板が見れなくても問題ありません。

バイナリーオプション攻略法

気配値を読む

成り行き注文ってなに?

トレンド(なりゆき)請求は、株を貰うときの基本的な請求方法で、「沢山いいから貰う」というように価格を決めずに請求行なう。

注文した時点で一番安い売り請求の価格で買えます。

トレンドは「とにかく即刻貰う!」

トレンド請求は価格を決めずに「沢山いいから貰う!」という請求ツボだ。値札を見ずに買い出しをするようでちょっと恐ろしいですよね。いかなるところトレンド請求を使えばいいかというと、「急いで買いたい状態」や「確実に買いたい状態」に取り扱うのがトレンド請求だ。

株価が急増したらトレンド

株の価格はときどき急上昇することがあります。例えば素晴らしい項目が発表されて株の価格が急増している時は、指値で請求を出しても、請求を出した時点ですでに自分の出した価格によって株価が値上がりしてしまって買いそこねる場合があります。

トレンド請求は価格を決めず沢山いいから貰う!という請求ツボなので、そんな急増日数など、確実に買いたい時折ムードで請求ください。トレンド請求ならそんな時にも買いそこねることはありません。

トレンド請求の恐怖は高額買い

トレンド請求は、価格を決めずに買ってしまうので、思わぬ高値で買って仕舞うリスクもあります。買い請求と売り請求の間に開きがある形態、たとえば今の株価が100円で、120円まで売りの請求がなかったとした形態、100円と120円の間にはかなりの開きがあります。

この時にムードで買いの請求を出してしまうと、120円で買ってしまう。指値の場合は、例えば101円くらいで請求を通しておけば、その価格以上で取引達することはないので、思わぬ高値で買ってしまうことはありません。こういう差はかなり大きいです。

トレンドって指値の違いといった使い分け

トレンド請求という指値請求の違いは価格を通していするか特定終わるかですが、こういう2つの請求ツボを上手く使い分けるため、高額をつかまない、買い逃さないなど、効率よく株のセールスができます。

普段は指値・急いで買う時はトレンド

まず今の株価によって安く下がるときに買いたいときは指値請求ですね。

即刻買いたいというときは指値注文で今の株価によって高めに請求を出してもトレンド注文でもともいいです。

「じゃあトレンド請求て要らなくない?」としてしまうが、「高くてもいいから急いで買いたい」状態、例えば必須買いたいタイミングで株価急増時や、引け(その日の協定止めひととき)間際で急いで貰う状態、会社でスマホでこっそり協定を通していて価格を入力していらっしゃるお忙しい状態など、急いで買いたいときにムードで注文を出すのがいいでしょう。

トレンドはちゃんと見て注文しないといった高く買って仕舞うリスクもあるので、門外漢のうちは通常は指値で請求を通して、急ぐ状態だけトレンド請求という趣向がよいでしょう。

トレンド請求は板を見て立ち向かう

ここまでの注記だと門外漢のかたはトレンド請求はこわい請求ツボだと思ってしまう。

ムードで注文する形態、高額をつかまず安全に請求を出したい場合は「板」をみて請求局面を確認しておけば大丈夫です。板は次のWEBで注記しますが、売りといった買いの請求状況がのぞけるのが板だ。板を見て請求局面を確認すればトレンド注文でもいくらで取引達するかだいたいわかります。

バイナリーオプションブログ

成り行き注文ってなに?