株の買い方を教えます

株を買ったり売ったりといった株の取引をするスタイル、今はケータイやPCで簡単に取引をすることができます。

しかし、素人のうちは買い方や売りお客、譲渡お願いの出し方や、それぞれのお願い方法の要因もわかりにくいかと思います。

キーポイントをつかんで慣れてしまえば簡単なのですが、最初は辛く受け取る方も多いので、ここでは素人のお客のために株のバイヤー(買い方)や売りお客においてわかりやすく解説していきます。

株のバイヤーの3つの状況

株を貰うには次のステップで行います。

ポッケ制定 ・・・ 証券企業やインターネット証券でポッケを仕立てる
銘柄選び ・・・ どの企業の株を貰うかを決める
発注する  ・・・ 買い注文を出す
まず前提として株を貰うには「証券企業」で買ったり売ったりとれる賜物なので、最初に証券企業やインターネット証券でポッケを作ります。

頂点最初に立ち向かうポッケ制定はインターネット証券にポッケを仕立てる術(挿図)のウェブサイトで登録を細かく解説しているのでそちらを参照してください。

サシ等級の証券会社でポッケを組み立てることもできますが、わざわざ店舗に行かなければいけないのと手間賃がかなり大きいので、ポッケ制定のお願いも取引も簡単にできるインターネット証券をおすすめします。

次に、銘柄選びは「どの企業の株を貰うか」だ。株主恩典がカワイイ「恩典銘柄」を貰うのか、株価が上がりそうな「破格銘柄」を貰うのか、「好きな企業の株」を貰うのかなどその人ごとの取り引きポリシーや計画で貰う銘柄を選んでいきます。こういう銘柄選びは株のうれしい辺りの一つですね。

そして後者が請求、具体的なバイヤーの系統や登録だ。証券企業のポッケ制定後に「実際に株を貰う術」にあたって解説していきます。まずはどうして発注するか(買い注文を出すか)の「お願い術」から見ていきましょう。

※まだ株のポッケ制定をしていないお客は、まずポッケ制定を通じて実際のディスプレイを見ながら見るとわかりやすいですよ。インターネット証券のポッケ制定は無料でポッケを持てば具等も使えるのでいろいろ試してみましょう。

「お願い術」は株のバイヤーの系統

株のお願い術は、プレイでいうと系統のようなものです。基本的な系統(お願いの術)を覚えたらあとは自分の取り引き五感が活かされてくるが、基本的な系統を知らないと計画をたてることもできません。

基本的には「指値お願い」「ムードお願い」というお願い術を使うのですが、逆指値という非常に便利なお願い術もあります。

指値お願い・・・プライスを決めて貰う
ムードお願い・・・只今買えるプライスですぐに貰う
逆指値お願い・・・ファクターを決めた指値お願い
(株価がいくらまで上がったら○yes円で指値注文するレベル)
それぞれのお願い術について詳しくは後で解説しますが、逆指値というお願い術を知らないと、「そんなことができたならあっちで儲けることができたのに!」という悔恨をすることになってしまいます。基本となるお願い方法の違いは敢然とおさえておきましょう。

株を貰うには「株価×単元」の取り引きおでこが肝心

「株はいくらから選べるの?」という質問を時折されますが、買いたい銘柄が決まっているときは「株価×単元」で計算します。

株を買う時には、株の銘柄ごとに決まっている「単元(下限譲渡単位)」というものがあります。これは、「こういう株は何株単位で選べる」という単位だ。

例えば単元が100株の銘柄の場合は100株単位で譲渡をすることになります。もし株価が500円なら

500円 × 100株 = 50,000円

が下限必要な取り引き金額になります。譲渡単位以下の株数での譲渡、例えば1株だけとか50株という単位での譲渡は基本的にはできません。

そこで、買いたい銘柄を見つけたら、まずは株価がいくらで単元(下限譲渡単位)が何株かを調べ、取り引き金額がいくら肝心かを調べましょう。単元は100株のところが多いです。

単元の探索お客は企業四季報という正式を見たり、インターネットでは証券企業のページやYahoo!金融、日経財貨&市場などで調査窓に企業ニックネームや証券目印を入れて個別の株の概要のウェブサイトへ行くと見ることができます。

トレードで使うテクニカル分析手法

株の買い方を教えます