指値注文ってしたことありますか?

指値(さしね)手配は、株を貰う瞬間や並べるときの基本的な手配方法で、「いくらで貰う」「いくらで譲る」というようにフィーを決めて手配する。

株を貰うときはできるだけ安く買いたいし、並べるときはできるだけ激しく売りたいものです。そこで活用するのが指値手配だ。

株の手配方法の取り分け最高峰基本的な指値手配にあたってまずは解説していきます。

指値は基本的な株の手配テク

指値手配は、自分で買いたいフィーを決めて株の買い手配を出します。「こういうフィーなら買って素晴らしい」という金を指定しておけば、株価がそのフィーまで下がる時点で買うことができます。

例えば、100円で指値の手配をした場合、今の株価が101円以外なら、株価が100円に後ずさるまでは完了(株の手配が成立して支払える態度)されません。指定した金内で払える時点ではじめて売り買いが成立します。

並べるときも同様で「こういうフィーなら売ってすばらしい」という金を指値注文で指定しておけばそのフィーで売り払えるようになったら売ることができます。

注文したフィー以上で買うことはない

当然ですが、自分が指値で提示した金より高い金で買ってしまうことはありませんし、指値で指定した金から安く売ってしまうこともありません。

金を指定して買い(売り)の注文を出すので、指値で買いの手配を出した事、今の株価が指定した金よりも高い場合は、指定した金以下に株価が下がるまではその株を買いません。

自分で決めたフィー以上で買ってしまうことが無い代わりに、指値で決めた株価まで下がらなければ買えないので買いの時間や売りの時間を逃してしまうこともいるという難点もあるのが指値手配の特徴です。

指値で指定した金から安く選べることもある

指値では、注文したフィーを下回る範囲で一番安いフィーで完了されます。例えば100円で指値手配を出しても、株価90円の売り手配があった場合は、90円で完了されます。

「高い値段で指値手配をしたら今の財テクより高く買ってしまうんじゃないか?」なんてドキドキはありませんので安心してください。例えば150円で指値手配を出しても売り手配の一番安いものが100円なら100円で買うことができます。

とにかく買ってしまいたいときは、今の株価よりも上げの金で指値手配を出しておけば、株価が急上昇を通じても指値で出したフィーの範囲内で買うことができますし、株価がそのままであれば今の株価で買うことができます。

おんなじフィーの指値なら速い物体達成

指値での手配はフィーがおんなじなら速く手配を出した順に完了されていきます。

例えば指値手配を100円でした時点で、自分の前におんなじ100円で1000株の手配があった事、前の1000株の手配が合計完了した時点ではじめて自分の株が売り買いされます。

「完了」してはじめて株を買えたことになる

前文から何度か「完了」(や福引きょう)という言葉が出てきましたが、株の売り買い手配を出してもその時点では買えた(売れた)ことにはなりません。自分が指定した指値のフィー以下で売っても良しというお客がいた時点で売り買いが成立します。

こういう株の売り買いが成立することを完了と言います。よく使う言葉なので覚えておいてください。完了=売り買い成立=株を買えた(売れた)ということです。

指値で払えるレートを決めるには

指値で注文する事、1000円、100円など、きりのいいフィーには手配が多くあつまる傾向があります。

きりのいい枚数によって少しだけ高めに

人間の心理的にきりのいいフィーには手配が多く集まる傾向があるので、101円、102円など、きりのいいフィーによって少し上げのフィーで指値手配を出しておいたほうが完了わたるレートは高くなります。

例えば今の株価が105円で「100円で買いたい」に関して、同じくきりのよい枚数の100円で買いたいというお客はけっこう多いものです。先程書いたようにおんなじフィーの指値なら少なく注文した順になるので、すでにおんなじフィーでの先約がいることがよくあります。

そこで、101円で指値手配を出しておくと1円高い値段で買うことにはなりますが、選べるレートは高くなるということです。

キャッシング破産の割合

指値注文ってしたことありますか?

逆指値の自動売買は超便利

逆指値という購入ツボは、「株価が付属円まで上がったら注文を出す」という指標付で購入を出せるツボだ。

株の自動的業務などでは必須の購入方法で、株の契約日にち中に株価をチェックできない状況も、逆指値であらかじめ購入を出しておくことで、自分の対策どおりの業務をすることができる非常に便利な購入ツボだ。

逆指値は「いくら以上になったら貰う!」

逆指値は半人前のうちはしんどい感じがしますが、とても便利な購入方法で、一言で言ってしまえば「いくら以上になったら貰う」という指標つきの購入ツボだ。

あらかじめ注文を出す株価の指標を設定しておいて、株価がそのフィーになった時点で設定しておいた指値あるいは時流の購入を出します。

逆指値で購入を出した時点ではまだ買いの購入は出していません。指標を設定したフィーまで株価が上がった時点で、指値または時流の購入を出します。

逆指値購入はどういうときに使える?

逆指値購入を使う現状は例えば今の株価が97円で、100円に売り購入がたくさんいらっしゃるについて、100円を超えたら「買いの活況が力強い」って判断できるので、まだまだ株価が出る可能性が高くなります。

ここで逆指値購入を用い「101円以上になったら時流」とか、「101円以上になったら指値105円」といった購入を出しておけば、株価が100円を突破したときのみその株に買い注文を出すことが出来ます。もし101円以上にならなければ、購入はされません。

逆指値購入と指値購入の違い

逆指値購入と指値購入の違いは、指値購入が「いくらで貰う」という注文で、基本的には今の株価から安く買うための購入ツボなのに対して、逆指値は株価がいくら以上になった時点で買い注文を出すという購入だ。

この場合、通常の指値購入だと、100円以上で買い注文を出すって株価が100円を乗り越えなくても契約が成立してしまう。「100円を超えたら買いたい」については、100円を超えるまで株価をチェックし続けなければいけません。

株価は刻一刻と動いていますが、昼仕事のある第三者は株価を常にチェックしているわけにはいきません。昼休み、役目が終わって帰宅してから、お子さんが寝付いたご時世など、自分の時間に合わせてインターネットで逆指値の購入を出しておけば、常に株価のチェックをしていなくても自動的に業務をすることができるので、安心して役目や家族に集中することができます。

参考:逆指値購入の用法(フィルム付きで説明)

逆指値でリスクヘッジ

こういう逆指値は買い注文を出すときもそうですが、リスクヘッジにもとても役立ちます。

ロスカット(損切り)

株価は思わぬ情報で急に後ずさることもあります。もしその時に端末の前にいなければ「気づいたらものすごい値崩れしていた」なんてことにもなりかねません。

しかし、逆指値で売り購入を出しておけば、急激な下げがあった場合も、設定した値段下部まで株価が下がったら自動的に売りの注文を出すことができるので、何気無い激減に備えて常に逆指値でロスカット(損切り)の購入は出しておくことで、リスキーをある程度管理することができます。

また、逆指値購入は「仕事」の心機一転をしにくい半人前にもオススメです。株価が上達すれば「もっと昇るかも」といった欲が出て、下がれば「回復するかも」として仕舞うやり方。そうなると、「これ以上持っていると損失」というリミットさえ越してしまう。

損切り通り道をあらかじめ決めて逆指値購入を出しておけば、欲に振り回されることなく利益を確定したり、赤字を食い止めたりすることができます。

逆指値で日にちを引き下げ

株を始めるって、常に株価が気になるものですが、昼仕事のあるサラリーマンやOLなどは常に株価をチェックすることができません。女も家族や育児をおろそかにすることはできません。そんな時に逆指値は非常に役に立ちます。

「役目が終わって帰宅してから逆指値で翌日の購入を通しておく」、「逆指値の購入を生み出したら家族を通して買えるのを待つ」、「お子さんが寝ている間に逆指値で購入を出しておく」など、自分の空いた時間で株の対策を練り上げることができます。また、常に株価をチェックできるシチュエーションの第三者は、株を始めるといった契約日にちミドルは端末の前からはなれられなくなり気味ですが、逆指値を使うことで株価が動くのを「待つ」日にちを節約し、他のことに時間を使うことができます。

逆指値購入の払えるネット証券

逆指値購入は便利な購入ツボですが、全ての証券会社で助かるわけではありません。逆指値購入が使える証券団体は限られています。

逆指値購入が使える主なネット証券はマネックス証券、リアルタイムスター証券、SBI証券 、 楽天証券 、カブドットコム証券、松井証券、GMOプッシュ証券辺りだ。

参考:逆指値が払えるネット証券リスト(逆指値の手間賃調査あり)

以前は逆指値の助かる証券団体は他の証券団体に対して業務手間賃が割高だったのですが、今ではマネックス証券やSBI証券をはじめ、安っぽい手間賃で逆指値購入ができるネット証券も増えてきました。

マネックス証券の契約デモンストレーションでは、ポケット制定がまだの人間もまさに逆指値購入をする流れを見分けることもできます。

逆指値購入のからわかり易い用法は以下の逆指値の用法ホームページにおいてください。また、対策系に株契約をしたいかたは「ツイン指値」「リバース購入」「長続き購入」などのから高度な指標付購入も参考にしてください。

FXバイナリーオプション

逆指値の自動売買は超便利

株をやるなら経済用語は勉強しよう

環境言語って難しそうですが、じつはそんなことないんです。 自分の趣味とかうり野原を思い出してください。

ネット発明、生け花、メニュー、麻雀、将棋、サッカー、何でもいいんですが、あたしは趣味だから当然知っているけど、それをやったことのない奴にとってはわからない個々事態語っているでしょ?たとえばHTML、花合羽、アクセサリー包丁、ポン、10枚落、オフサイドなど。。。

「興味ない奴は全然知らない言い回しだけど、趣味としてやる奴なら知ってて前提」みたいな言い回しってありますよね。

環境言語もそれと同じで、環境言語が難しいと感じてるあなたは今、あたしと関係のない環境のことに全然興味がないだけなんです。

しかし、株を始めるって環境言語は”自分に関係のある言語”になってきます。そうすると自然に興味を持って意外と簡単に憶えられてしまいます。関心さえあれば意外とわかりやすいものですよ。

環境言語は覚えなくても嬉しい

なんで環境言語はあんなにむずかしいのか?学生のときを思い出して下さい。興味ない詳細って滅茶苦茶辛く感じたけど、好きな詳細はそれほど苦労もせずに簡単に色々憶えられたでしょ。

だったら環境のことに関心をもてば環境言語は簡単に憶えられます。むしろ覚えようとしなくても自然に覚えてしまう。 まずは株を通して見ることです。やってみて関心をもてないなら、いくらわかりやすい説明も得るのは難しいです。関心をもてれば環境言語なんて覚えようってしなくても自然に頭に入ってしまう。

経費をかけずに株を始める

まずは株を通してみようといいましたが、株は経費を投資する手法なので、リスクもあります。何もわからないうちからやる目論見にもいかないですよね。でも現に株を買わなくてもいいんです。まず最初は自分が好きな(知ってる)社を見つけて、現に株を貰うのではなく、株を買ったつもりでしばらく株価の乱高下を見てください。

ネットを使ってPCの前方で現況の株価をみていてもいいし、商いから帰ったあとでその日の株価をチェックするだけでもいいです。自分が投資した(つもりの)社の株は上がったか、いかなる乱高下をしたかを見てください。ホームページ証券に財布を持っていれば現況の株価も株価図式もタダで見ることができます。ホームページ証券なら財布配置も財布調達費もかかりません。

賭けをしたつもりでしばらく株価を観ていると、「なんで今日は株価が上がったんだろう?」「こういう言い回しいかなる訳だろう?」というヒヤリングがでてしまう。なんでだろう?と思った案件の虎の巻って、全然興味ないことを教わるよりも全然簡単に憶えられませんか?ネットで株をするスタイル、知らない言い回しが出てきても調べでその場でアッという間に調べることができます。これもネットで株をする利益の一つ。

環境言語は沢山知っていたほうがもちろんリーズナブルかもしれませんが、環境言語などほとんど知らなくてもネットで株を通して売り上げるママやフリーターの投資家もある。賭けのやりかたによっては難しい理解なんて全くなくてもできるので、あせらず徐々に覚えていきましょう。

カードローン自己破産について

株をやるなら経済用語は勉強しよう

株の銘柄ってどうやって選んでる?

株取引を始めたばかりの株初心者のかたから「どこの株を買ったらいいの?」「どうやって選べばいいんですか?」というような質問をよく受けます。

つまり、株を始めてみたものの銘柄の選び方がわからないということですね。

株を始めようと思って口座開設までしたのに銘柄の選び方がわからなくてどこの株も買っていないという方の話も聞いたことがあります。せっかく始めたのにもったいないですね。

とはいっても、初心者の場合はどうやって探したらいいかがわからないと思うので、このページでは株の銘柄を探すための基礎的なやり方を解説していきます。

1.まず候補を決める

株の銘柄を探すための基礎的なやり方で重要なのは、いきなり買う銘柄を探すのではなく、まず「候補」をいくつか挙げることです。

そのための方法を5つ紹介します。どのやり方でもかまいませんので、自分にあった方法を選んでやってみて銘柄の候補を見つけてみてください。

知ってる会社から探す

初心者のかたにはやはり「知ってる会社」から入るのがわかりやすいです。証券会社の検索窓に以下のものを入れてみます。

好きな企業の名前
好きな商品を販売している会社名
同業の大手など知ってる会社
気になる話題の会社
情報が出てきて「この会社ってこうなんだー」というのも、株取引にまだ慣れていないうちは知らない会社より知ってる会社のほうが頭に入ってきやすいです。

検索(スクリーニング)で探す

証券会社のスクリーニング(絞り込み)機能で検索してみます。

手持ち資金で買える企業を検索してみる
配当金や配当利回りなどで検索してみる
金額、PERなどの指標、安定(時価総額や資産など)
証券会社によってはチャートフォリオというツールを使って株価チャートの形で探してみるなどもできます。

こういった細かい検索は男性のほうが得意かもしれませんが、「手持ちの資金で買える株を探す」「優待のある株を探す」などはけっこうよく使う人も多いようなので覚えておくとよいかもしれませんね。

ランキングから探す

ランキングから候補を探すというのもよいですね。

値上がり率・値下がり率ランキング
出来高ランキング
信用残高ランキング
など、いろいろなランキングから探すのもよいでしょう。

例えばランキングの充実しているSBI証券 では市場のランキングとして値動き・出来高・売買代金・業種別などのランキングを見ることができます。また、週間の人気銘柄ランキングとして

はじめて取引された銘柄人気ランキング
売買代金ランキング
ETF/ETN人気ランキング
REIT人気ランキング
なども見れます。いずれもSBI証券内でのランキングですが、ネット証券の口座数No1の証券会社なのでランキング精度も高いと言えるでしょう。

株主優待で探す

株主優待検索もいいですね。ライブスター証券の提供する株主優待検索は口座を持っていなくても使えて、絞り込み機能などもあるので良いですよ。

わかりやすい指標(日経平均株価など)

個別の企業ではなく、日経平均株価やTOPIXなどの指標に投資できるETFというものもあります。

ETFは日経平均などの指標に連動する特別な株のようなものです。

2.買うタイミングを決める

買いたい銘柄の候補が決まったら、次は買うタイミングを決めます。

買いたい銘柄を見つけた時が買い時とはかぎらないというのは覚えておきましょう。

割高で今は買わないほうがいい場合もあるし、「あまりよくないなー」と思ったところが時間が経つと割安になっていたりもします。

「こうなったら買い」という候補が複数あっていいです。

「株価がこのくらいになったら買い」とか「株主優待の権利月が近づいたら買おう」とか、「次の決算の内容を見て決めよう」とかですね。

株主優待はツナギ売りという方法もあるので、いろいろな時期に買いのタイミングがやってきます。

どんなタイミングで買ったらいいかは投資スタイルによって違います。

例えば長期投資なら割安のときに買ったり、株価チャートを見てゴールデンクロスが出たときに買う、たくさん買うならドルコスト平均法などを使ったりできますし、短期投資なら株価チャートの売買サインで決めるなどいろいろあります。

いろいろ実践する中で自分に合った投資スタンスを決めていきましょう。

「儲かりそう」で選ぶより「楽しそう」で選ぶ

初心者のうちはまず株取引に慣れることをおすすめします。そのため、儲かってもそこまで大きくないけど損したときも大損しない程度で小さく始めましょう。

初心者がいきなり大儲けを狙うのは株でギャンブルをするようなものです。

初心者のうちはまずは経験が必要ですが、経験を積むうえでは失敗をすることもあるでしょう。しかし、小さく始めていれば損しても小さく済み、あとからちゃんと取り返せますからね。

損をする前提で小さく経験を積み、実力をつけてから大きく運用する。 そうすると、難しいと言われている「損切り」がちゃんとできるようになります。 いきなり大きく始めると損が恐すぎて基礎力もつきません。

スポーツで言うと自己流で変なクセや間違ったフォームが身についてしまうようなものですね。

そうならないよう、まず資金の分類や自分のリスク許容度を知り、その範囲で小さく取引をして経験を積むとよいです。

その段階では一気に大きく稼ぐことはなかなかできないので「つまらない」と思ってしまいがちです。そこで、まずは楽しそうな銘柄を探しましょう。

「楽しそう」は人それぞれです。株主優待がもらえるのがいい人もいれば、ゲームや心理戦のように分析して予測して戦略どおりに株価が動くと楽しいという人、好きな企業だから株を持っているだけで楽しいという人もいるでしょう。

とにかくはじめのうちは「大きく儲からなくても楽しい」という状態で経験を積んでいけるようになった人ほど長期的にうまく行きやすいです。

はじめての人におすすめの銘柄

ここまででもまだ「でもどうやって選べばいいのかなぁ・・・」となってしまう人のために、初めて株を買うという初心者におすすめの銘柄を紹介します。

買うことを勧める銘柄推奨ではなく「この銘柄は初心者の人でもわかりやすそうかなー」というものですが、まず1つ候補を見つけて動きを追ってみるのも経験を積むために大事ですからね。

日経平均株価などと連動するETF

日経平均株価と同じ動きをする特別な株というイメージです。日経平均株価はニュースなどでもよく耳にしますよね。

例えば「日経225連動型上場投資信託」(証券コード「1321」)などは代表的なものですね。

基本的にETFは株と同じですがETFの買い方を参考にしてください。

トヨタ自動車

世界的な大企業ですね。日経平均とトヨタの株価はほぼ連動していると言われたりもします。ただ、株価はそこそこなのでトヨタの株を買うにはある程度資金が必要です。銘柄コードは7203です。

みずほフィナンシャルグループ(みずほ銀行)

こちらも有名な銀行ですが、少ない資金で購入することができます。銘柄コードは8411です。

初めて買った株ランキング

これは私が知る限り、私のまわりの人のランキングで、正式に調査したものではありませんが、初心者の人が多いので「あーこういう銘柄買う人が多いんだ」という一つの参考にはなるかもしれません。

先ほど挙げたトヨタ自動車、株主優待で人気のオリエンタルランド、ソフトバンク、マクドナルドなどは多いです。

ランキングになっていませんね笑

ちゃんとしたランキングはSBI証券の週間の人気銘柄ランキング内の「はじめて取引された銘柄人気ランキング」の項目は、ネット証券の口座数No1のSBI証券のデータなのでランキング精度も高いと言えるでしょう。

サラリーマン向け投資とは

株の銘柄ってどうやって選んでる?

株はギャンブル?

よく、「株は危険です」とか「ギャンブルです」とかいう自分がいますが、実際どうなのです?

身が株をやっていると言うと、「え?ギャンブルなんてしそうにないのに」とかおっしゃることがたまにあります。

株は危うい代物、ギャンブルの一種という風情を有する自分がいまだにけっこういるようです。

しかしじつは、株がギャンブルなのではなく株でギャンブルをしている自分がいるだけです。

ギャンブルになるかどうかは相場の仕方次第です。株のしくみのWEBで細かく注記しますが、株は本来は、ショップにお金を投資をして統括の資産を提供するかわりに実利の一部を還元してもらうもので、株式相場は本来は投資やギャンブルではなく”相場”だ。

ではなぜ株がギャンブルと言われることがあるのかというと、株の対価は上がったり下がったりするので、株を貰う(譲る)講じる件次第でお金を儲けたり損したりすることがあります。

急に株価が上がったりすると「現時点買えば勝てるかも!」という焦って高値で買ってしまうことなどもあるため、ハートを規制できずにあまりよく考えもしないで取引をしてしまうと損をしてしまう予想は高くなります。

相場との向き合いほうが必要

株や相場はあくまで器機。用法、向き合いパーソンは自分次第です。

単なる投資にするか、自分の調教につなげるか、はたまたギャンブルにするかは自分次第。”自分がどう相場と向き合うか”だ。

「相場はギャンブル」という自分はそんな向き合い方をした自分(もしくはそんな人の話を聞いて信じ込んです自分)だ。

相場はお金儲けの器具という自分、キャピタル表現の器機という自分、ボクを成長させていただける代物という自分。

”どれが本当なのか”ではなく”あなたがどう扱うか”だ。

株で学んだことや相場に必要なキャパシティーや思考を株だけに取り扱うのではなく、抽象都度を上げて他の部門で融通したりすることもできるし、正に身は株式相場を通して各種ことを覚えました。

自分の考察のモデルやクセ、ハートが動くというどうなるかなど、ボクをわかることやボクをコントロールする発達としても役立ちます。

恐怖の大きいブランドには忠告

3000以外居残る株のブランドの中には乱高下が激しいハイリスク・ハイリターンなブランドもあり、「短期間で大もうけ決める」と意欲を出すとそういうブランドに大枚を投じてギャンブルものの取引をしてしまうこともあります。

株でシロウトが大損するモデルはコイツですね。まだ慣れていないシロウトのうちに「大もうけしてやる!」といった恐怖の厳しいブランドを大量に買って仕舞う。RPGマッチで階級1なのにいきなり上司人柄を壊しにいくようなものです。これはやめましょう。

何も知らずに買った株が大きな利益を出したりすると、お金を儲けた結果株にはまっていって、ろくにわかりもしないショップの株を買って損をしてしまうというのがよくあるモデルですが、それでは完全にギャンブルだ。そうならないみたい、敢然と投資するショップを選んで始めましょうね。

目安:株式相場の恐怖はどのくらい高いのか?

リスクヘッジで堅実に実利を重ねる

株の相場は高騰すれば大きな利益を得られますが、暴落すれば減ってしまうので、値下がりする先のない預金に比べると、リスクが高いことは事実です。しかし、今の金利では銀行にいくらお金を預けておいてもほとんど増えることはありません。多少の恐怖を背負うことができなければお金を賢く運用して繰り返すことはできません。

恐怖といっても、株で全財産を失うようなことはよほどのプロセスをしない限りありえません。投資したショップが破産も控えるかぎり、多少の暴落はあってもゼロになることはありえないからです。株を買った後も自分が株を持っているショップの書籍や株価にしっかり注意を払っていれば、もし倒産するような事態になってもその前に売ってしまうこともできます。

自分のリミットうちの恐怖で取引することが大事

株はグループや会社によって、乱高下のめざましいハイリスク・ハイリターンな株(大きな実利が見込めるがリスクも厳しい株)や、乱高下の強くないローリスク・ローリターンな株(大もうけはできないけど大損もしない株)があります。

また、1つの株に資産を集中するのではなく、いくつもの株に資産を管理して投資する管理相場をすれば、投資したショップが全員倒産するなんていう比は相当ちっちゃいので、ここでも恐怖を低く抑えることもできます。

自分のリミットを超えた恐怖をとると、安心な事柄ができなくなるものです。
落ち着いて投資をすることができなければ、なかなか勝率を高めることはできません。

自分の相場階級や恐怖許容度に合わせて投資するショップを決め、買ったあとはほったらかしではなく株価や書籍の見張りをかかさずにいれば、相場の数字も良くなっていきます。たとえ損をすることになったとしてもクリティカルな負債にはならずにすみます。

自分の恐怖リミットがわからないシロウトのパーソンは「これくらいなら損しても割り切れるかな」という料金を目安にしてください。

目安:自分の恐怖許容都度を解る

「大もうけして引き上げるぞ!」って自分の限界にほど近い大きな資産で取引するタイミングと「まずは実績を」という少ない資金でセドリをしているタイミングでは心の剰余が全然違ってきます。

資金が小さければ大もうけはできませんが、「ああ、こうやったらいいんだ」という”心の余裕を持った相場実績”は後々の大もうけに変わる相場感情の土台に繋がる。意欲を持ってシロウトのうちからいきなり大もうけしようと思ってはダメですよ。

本来は「相場」でギャンブルではない

株は本来は相場だ。ショップの収支が美しく、調教が見込めて、株主に関するアドバイスも好ましいショップを見つけて株を貰うものです。ショップが成長するにつれて株価ものぼり、利益が出るというのが本来の相場だ。調教が見込めるショップの株を買えば実利を出せるものなんです。

しかし、全く知らないショップの株を買って、もしそのショップの収支が悪かったり、悪い書籍があったりすると株価は下がって損をしてしまう。株価はショップの収支や書籍などによって、上がったり下がったりやるものなのです。

株価が高まる拠り所もわからないのに、他人から「あのショップの株あがるかもよ」と言われて株を買ったり、なんとなくここがのぼりみたいといった勘だけで知らないショップにお金を投資するというプロセスをすればそれはギャンブルでしかありません。

自分が普通使っているお気に入りの品のショップなど、調教の狙えるショップに投資をするというやり方であれば、ギャンブルはまた違ってくるでしょう。たとえ危惧が逸れて多少損をすることがあったとしても、何が間違っていたのかがわかれば悪行を次の相場に活かして、勝率をあげて行くことができます。

株をやっていると、どんなショップが成長していくのか、どんなことをすれば株価が高まるのかなどがわかるようになります。将来自分でショップを起こすことになったタイミング、株で培った睿智や実績は非常に役立つかもしれませんね。

バイナリーオプションコツ

株はギャンブル?

株っていくらからはじめられるの?

株の賭けを始めるのには、大枚が必要だと思われがちですが、そんなことはありません。少ない資金もできるんです。

株を貰うのに必要な元手は「現在の株価×その株の取り引き単位」だ。取り引き単位が1000株も株価が100円以下なら10万円以下で買うことができます。また株価が何千円も取り引き単位が1株なら今の株価と同じ金額があれば買うことができます。

例えば10万円以下で選べる株の総和や5万円以下で買える株の総和を以前に調べたことがありますが、けっこうたくさんありましたし、その中でも株主優待や配当金を出しておる品名もたくさんあります。

あまり酷い勘定で1株だけ買っても、よほど値上がり控えるかぎり大きな成果を打ち出すのはしんどいですが、ここではまとまった大きな資金がなくても株のビジネスを始めることは望めるについてだけちゃんとわかっておいてくださいね。

耳より株(単元未満株)という戦法もある

取り引き単位が100株や1000株という広い単元の株も、耳より株(株式耳より賭け)や単元未満株というサービスもあり、普通に必要な元手よりも少ない金額での賭けができます。

たとえば株価が500円、取り引き単位1000株の品名は、通常だと

500円×1000株=500,000円
普通は50万円なければ賭けができないのですが、耳より株ならその10分の1の賃金、5万円から賭けができてしまいます。

耳より株からさらに狭く1株単位で取り引きできるのが単元未満株で、証券会社によってワン株・S株・まめ株・ミニ株など、いくつかの名がありますが同じものです。

耳より株が雑取り引き単位の10分の1からのビジネスなのに関し、単元未満株では取り引き単位が1000株の品名も1株からビジネスができます。

単元未満株はマネックス証券(ワン株)、SBI証券 (S株等で取扱っています。

指標:耳より株や単元未満株が支払えるweb証券

賭けプライスが少なければ数少ないなりの賭けの作戦があるので、いきなり凄まじくはじめるのではなく、まずは少ない資金から始めてみて、慣れてきたら賭けのプライスを徐々に増やしていくというやり方もできます。

手間賃の短い要素や取り引き手間賃不要をうまく使う

資金が短いうちは手間賃が安くビジネスできたほうがいいでしょう。web証券は基本的に手間賃が安く、少額のビジネスならかなり安っぽい手間賃でビジネスができます。手間賃の照合を参考にweb証券を選んで下さい。

また、松井証券では10万円までは四六時中手間賃無料でビジネスができるのでこれもうまく活用するといった大きな手間賃の減額になります。

小額で株を取引する場合でもこういったサービスを利用すれば、小額ということを逆にメリットにして、手間賃を引かれずに株価が上がった当たりや配当給与などをそのまま成果にすることがでます。

バイナリーオプション

株っていくらからはじめられるの?

株の買い方を教えます

株を買ったり売ったりといった株の取引をするスタイル、今はケータイやPCで簡単に取引をすることができます。

しかし、素人のうちは買い方や売りお客、譲渡お願いの出し方や、それぞれのお願い方法の要因もわかりにくいかと思います。

キーポイントをつかんで慣れてしまえば簡単なのですが、最初は辛く受け取る方も多いので、ここでは素人のお客のために株のバイヤー(買い方)や売りお客においてわかりやすく解説していきます。

株のバイヤーの3つの状況

株を貰うには次のステップで行います。

ポッケ制定 ・・・ 証券企業やインターネット証券でポッケを仕立てる
銘柄選び ・・・ どの企業の株を貰うかを決める
発注する  ・・・ 買い注文を出す
まず前提として株を貰うには「証券企業」で買ったり売ったりとれる賜物なので、最初に証券企業やインターネット証券でポッケを作ります。

頂点最初に立ち向かうポッケ制定はインターネット証券にポッケを仕立てる術(挿図)のウェブサイトで登録を細かく解説しているのでそちらを参照してください。

サシ等級の証券会社でポッケを組み立てることもできますが、わざわざ店舗に行かなければいけないのと手間賃がかなり大きいので、ポッケ制定のお願いも取引も簡単にできるインターネット証券をおすすめします。

次に、銘柄選びは「どの企業の株を貰うか」だ。株主恩典がカワイイ「恩典銘柄」を貰うのか、株価が上がりそうな「破格銘柄」を貰うのか、「好きな企業の株」を貰うのかなどその人ごとの取り引きポリシーや計画で貰う銘柄を選んでいきます。こういう銘柄選びは株のうれしい辺りの一つですね。

そして後者が請求、具体的なバイヤーの系統や登録だ。証券企業のポッケ制定後に「実際に株を貰う術」にあたって解説していきます。まずはどうして発注するか(買い注文を出すか)の「お願い術」から見ていきましょう。

※まだ株のポッケ制定をしていないお客は、まずポッケ制定を通じて実際のディスプレイを見ながら見るとわかりやすいですよ。インターネット証券のポッケ制定は無料でポッケを持てば具等も使えるのでいろいろ試してみましょう。

「お願い術」は株のバイヤーの系統

株のお願い術は、プレイでいうと系統のようなものです。基本的な系統(お願いの術)を覚えたらあとは自分の取り引き五感が活かされてくるが、基本的な系統を知らないと計画をたてることもできません。

基本的には「指値お願い」「ムードお願い」というお願い術を使うのですが、逆指値という非常に便利なお願い術もあります。

指値お願い・・・プライスを決めて貰う
ムードお願い・・・只今買えるプライスですぐに貰う
逆指値お願い・・・ファクターを決めた指値お願い
(株価がいくらまで上がったら○yes円で指値注文するレベル)
それぞれのお願い術について詳しくは後で解説しますが、逆指値というお願い術を知らないと、「そんなことができたならあっちで儲けることができたのに!」という悔恨をすることになってしまいます。基本となるお願い方法の違いは敢然とおさえておきましょう。

株を貰うには「株価×単元」の取り引きおでこが肝心

「株はいくらから選べるの?」という質問を時折されますが、買いたい銘柄が決まっているときは「株価×単元」で計算します。

株を買う時には、株の銘柄ごとに決まっている「単元(下限譲渡単位)」というものがあります。これは、「こういう株は何株単位で選べる」という単位だ。

例えば単元が100株の銘柄の場合は100株単位で譲渡をすることになります。もし株価が500円なら

500円 × 100株 = 50,000円

が下限必要な取り引き金額になります。譲渡単位以下の株数での譲渡、例えば1株だけとか50株という単位での譲渡は基本的にはできません。

そこで、買いたい銘柄を見つけたら、まずは株価がいくらで単元(下限譲渡単位)が何株かを調べ、取り引き金額がいくら肝心かを調べましょう。単元は100株のところが多いです。

単元の探索お客は企業四季報という正式を見たり、インターネットでは証券企業のページやYahoo!金融、日経財貨&市場などで調査窓に企業ニックネームや証券目印を入れて個別の株の概要のウェブサイトへ行くと見ることができます。

トレードで使うテクニカル分析手法

株の買い方を教えます

気配値を読む

板は株の指値要求の要求境遇(雰囲気ナンバー・けはいね)を見るものです。買い気配(買い要求がいくらの金額で何株あるか)、売り雰囲気(売り要求がいくらの金額で何株あるのか)を見ることができます。

板(雰囲気ナンバー)を見て聞こえる実例

板や雰囲気ナンバーを見ることによって、現在の株価だけでなく、買いと売りの要求がどのくらいでているのかがわかります。

それによって、今は買いって売りというどちらが優勢なのかや、注文するとどのくらいの単価で取引できそうかの思惑もできます。

例えば結果要求をする際、板を見て現在の株価と同じか、1円上の金額に売り要求がでていれば、その金額でトレードが成立するので、結果要求を通しても思わぬ高値で買って仕舞うようなことはありません。

こういう状況では、10750円に売り要求が20600株出ており、10730円に買い要求が100株出ているので、ここで成行で買い要求を入れた際、10750円で買うことができます。

成行で売り要求を入れた際、10730円で売ることができますが、買い要求が100株しかないので、個々人より先に100株以上の売り要求が出てしまうって、10720円で売れてしまいます。

また、こういう板では10740円がありませんが、これは10740円には売りの要求も買いの要求も入っていないことを表します。

このように株では買い板という売り板の間が空くことがあり、これがちっちゃなズレであればいいのですが、まれに大きく解くことがあります。その時に板を見ずに結果要求をしてしまうと思わぬ高値で買ってしまったり講じる場合があるので、注文を出す際は板をしっかり確認しましょう。

板(雰囲気ナンバー)は「いくらで払えるか」の参考になる

板(雰囲気ナンバー)を確かめるため指値要求なら「いくらで要求を出しておけば貰えみたい」という予測を立てる参考になりますし、結果要求なら「今要求を出せばいくらで取引するだろう」という取引する単価の目安になります。

また、買いにどのくらいの注文が入っているか、売りにどのくらいの注文が入っているかが聞き取れる結果、今は買いの圧力が凄いのか売りの圧力が強いのか、買いと売りが拮抗しているのかなども見ることができます。

板(雰囲気ナンバー)の見かた~どこで見える?

板(雰囲気ナンバー)はホームページ証券のHPの要求画面などで見ることができます。株価イラストなどと変わり、板はホームページ証券のふところを持っていないと見ることができません。

証券店頭のHPやアプリケーションから入力すると、株価の照会画面や株の要求画面で見ることができます。(証券会社によって板が見れる部位は違いますが、基本的には要求画面か株価の照会画面で見ることができます)

注文を出すときはこういう板も見るようにください。

通常は変位10テキスト、フル板が見れるアプリもある

板が見れるのは通常は現在の株価から変位10テキストだ。

例えば現在の株価が100円なら、上に101円から110円までの売り要求の総計、下に100円から91円までの買い要求の総計が両方金額ごとに表示される、というフォームになります。

例えばマネックス証券のポータルサイトでの要求画面の板(雰囲気)はこのようになります。

マネックス証券のポータルサイトでの要求画面の板(雰囲気)

どの金額にどのくらい要求があるかがわかりますね。

また、岡三WEB証券の岡三かんたんオーダーのように板の収量バーが見れるアプリもあります。

板の収量バーは板の単価ごとに「どの単価でどのくらい取引したか(取扱が成立したか)」を表示してくれるもので、「こういう単価で買った人が多いのか」という参考になります。

岡三かんたんオーダーの要求画面の板はこのようになります。

岡三かんたんオーダーの画面・板の収量バーが見れるアプリ

板では「近年こういう単価でこれだけの要求がある」というのが見れて、左手の収量バーでは「こういう単価でこれだけ取引した(取扱が成立した)」というのがわかります。

また、板が見れるのは通常は変位10テキストですが、「フル板」といって全ての要求状況がのぞけるアプリなどもあります(目印:フル板が見れるホームページ証券店頭のアプリ)。基本的にフル板は機関顧客やデイトレーダーなどが見分けるもので半人前はフル板が見れなくても問題ありません。

バイナリーオプション攻略法

気配値を読む

成り行き注文ってなに?

トレンド(なりゆき)請求は、株を貰うときの基本的な請求方法で、「沢山いいから貰う」というように価格を決めずに請求行なう。

注文した時点で一番安い売り請求の価格で買えます。

トレンドは「とにかく即刻貰う!」

トレンド請求は価格を決めずに「沢山いいから貰う!」という請求ツボだ。値札を見ずに買い出しをするようでちょっと恐ろしいですよね。いかなるところトレンド請求を使えばいいかというと、「急いで買いたい状態」や「確実に買いたい状態」に取り扱うのがトレンド請求だ。

株価が急増したらトレンド

株の価格はときどき急上昇することがあります。例えば素晴らしい項目が発表されて株の価格が急増している時は、指値で請求を出しても、請求を出した時点ですでに自分の出した価格によって株価が値上がりしてしまって買いそこねる場合があります。

トレンド請求は価格を決めず沢山いいから貰う!という請求ツボなので、そんな急増日数など、確実に買いたい時折ムードで請求ください。トレンド請求ならそんな時にも買いそこねることはありません。

トレンド請求の恐怖は高額買い

トレンド請求は、価格を決めずに買ってしまうので、思わぬ高値で買って仕舞うリスクもあります。買い請求と売り請求の間に開きがある形態、たとえば今の株価が100円で、120円まで売りの請求がなかったとした形態、100円と120円の間にはかなりの開きがあります。

この時にムードで買いの請求を出してしまうと、120円で買ってしまう。指値の場合は、例えば101円くらいで請求を通しておけば、その価格以上で取引達することはないので、思わぬ高値で買ってしまうことはありません。こういう差はかなり大きいです。

トレンドって指値の違いといった使い分け

トレンド請求という指値請求の違いは価格を通していするか特定終わるかですが、こういう2つの請求ツボを上手く使い分けるため、高額をつかまない、買い逃さないなど、効率よく株のセールスができます。

普段は指値・急いで買う時はトレンド

まず今の株価によって安く下がるときに買いたいときは指値請求ですね。

即刻買いたいというときは指値注文で今の株価によって高めに請求を出してもトレンド注文でもともいいです。

「じゃあトレンド請求て要らなくない?」としてしまうが、「高くてもいいから急いで買いたい」状態、例えば必須買いたいタイミングで株価急増時や、引け(その日の協定止めひととき)間際で急いで貰う状態、会社でスマホでこっそり協定を通していて価格を入力していらっしゃるお忙しい状態など、急いで買いたいときにムードで注文を出すのがいいでしょう。

トレンドはちゃんと見て注文しないといった高く買って仕舞うリスクもあるので、門外漢のうちは通常は指値で請求を通して、急ぐ状態だけトレンド請求という趣向がよいでしょう。

トレンド請求は板を見て立ち向かう

ここまでの注記だと門外漢のかたはトレンド請求はこわい請求ツボだと思ってしまう。

ムードで注文する形態、高額をつかまず安全に請求を出したい場合は「板」をみて請求局面を確認しておけば大丈夫です。板は次のWEBで注記しますが、売りといった買いの請求状況がのぞけるのが板だ。板を見て請求局面を確認すればトレンド注文でもいくらで取引達するかだいたいわかります。

バイナリーオプションブログ

成り行き注文ってなに?